破棄されたブログ

このブログは破棄されました。

ビジネスロジックのつまらなさと重要性

ビジネスロジックは書いていてつまらない。まだバグ潰しだとかデバッグの方が楽しい。
でもそんなのは、技術ヲタのワガママでしかないということ。

ビジネスロジックのつまらなさは、技術的目新しさのなさに起因してる。
だけどビジネスロジックにおいては、むしろ新しい技術に目を奪われず、安全牌を確実に切り、迅速にコードを仕上げる必要がある。

そう、だから、いつだかどっかの社長がコピペプログラマを歓迎するような記事を書いて、プログラマ界隈から総バッシングを食らっていたけど、あの見解はある意味正しいわけ。
いくら構造が優れていても、期日に間に合わなければ無駄になる。
つまり、分水嶺を見極める能力というのが必要になんだ。

この手の能力っていうのは、経験量と比例するんだと思う。
多くの知識を仕入れているかどうかっていうのはこの際あまり関係がない。
多くを知っていても、実際にコードが書けなければ「仕事」にはならんのだ。
情報工学を履修していても、実際にコードを仕上げられなければ「仕事」にはならんのだ。

ぼくは、仕事としてプログラムを書き始めてまだ日が浅い。
それに、時期的にしょうもないミスを犯しやすいし、実際にバグを生んでしまっていた。
ただの頭でっかちになってしまっていた。

広告を非表示にする