破棄されたブログ

このブログは破棄されました。

去年度あたりに読んだ本

本棚の本が増えてないところを見るとあんまり読んでないんだなあ。
結構読んでた気はするんだけど。。。列挙してみると二ヶ月で一冊程度のペースか。。。

The Book of CSS3

CSS3 の網羅的なガイド本。網羅的といっても、 CSS3 はまだ勧告されてないからアレなんだけど。
CSS3 のリファレンス本としても優秀。
執筆時点での各ブラウザでのサポート状況も記載されてるし、サポートサイトもある。
Home - The Book of CSS3

The Book of CSS3: A Developer's Guide to the Future of Web Design

The Book of CSS3: A Developer's Guide to the Future of Web Design

Being Geek

「成長しないのは、死んでいるのと同じ」と言い切ってしまってもさほど間違ってはいないと思う。少なくとも、そう言ってしまった方がわかりやすいだろう。

Being Geek p.15

プログラマのキャリア戦略もしくは生き方案内本。著者が日本人じゃないんで日本とは事情が異なるから、本の内容と現実は異なることがかなりある。ただ、キャリア戦略の基本指針を考えるのにはいい参考書になった。仕事だけじゃなくて自身の性格的なところについても考えるキッカケになったりもした。

Being Geek ―ギークであり続けるためのキャリア戦略

Being Geek ―ギークであり続けるためのキャリア戦略

テスト駆動 JavaScript

前に書評を書いた TDD JS 。下半期はずっとこれをグダグダ読んでだ。モダンな JavaScript の入門本として選んだ一冊。今までまとも触ったことのないイベント駆動型言語のソースコードをかなり読んだ。あとは実践に移せればと。

テスト駆動JavaScript

テスト駆動JavaScript

レガシーコード改善ガイド

辛い本。変えられない人間には悲壮感ばかりが湧いてくる本。

レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

  • 作者: マイケル・C・フェザーズ,ウルシステムズ株式会社,平澤章,越智典子,稲葉信之,田村友彦,小堀真義
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2009/07/14
  • メディア: 大型本
  • 購入: 45人 クリック: 673回
  • この商品を含むブログ (141件) を見る

途中までは読んだっぽい本

Subversion 実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理第2 版

仕事で使うにあたって読んだ。読んだんだけど、ユニットテストの配備が前提の環境で書かれている点、VCSVCS としてきちんと使われている環境を前提として書かれている点で、あまり仕事には役に立たないと判断して途中で投げたんだと思う。つまるところ、この本は全然悪くない。でも使う環境がね。。。個人だと使う VCS は Git だし。。。

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

広告を非表示にする