読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破棄されたブログ

このブログは破棄されました。

Debian における Apache のサイト設定方法について

概要

Apache 2 の設定ファイルの構成は、ディストリビューションによって差異があって色々とややっこしい。Debian での設定については /etc/apache2/apache2.conf に詳しく書いてある。とりあえず、モジュールとサイトの設定は *-available に追加して、ツール (a2en*/a2dis*) を使って切り替えるようになってる。

設定

ディレクトリ構成
/etc/apache2/
|-- apache2.conf
|   `--  ports.conf
|-- mods-enabled
|   |-- *.load
|   `-- *.conf
|-- mods-available
|   |-- *.load
|   `-- *.conf
|-- conf.d
|   `-- *
|-- sites-enabled   <= a2ensite を使ってここにシンボリックリンクを貼る
|   `-- *
`-- sites-available <= 設定ファイルはここに追加する
    `-- *

/etc/apache2/apache2.conf によると、ディレクトリ構成はこんなんになっている。
サイトの設定ファイルは sites-available に追加する。sites-available には、defaultdefault-ssl の二つの設定サンプルが予め存在する。

設定ファイルの追加

こいつをコピーしてやって、自分の作りたいファイルを作成してやる。今回は your_site って名前にする

sudo cp /etc/apache2/sites-available/default /etc/apache2/sites-available/your_site
サイトの設定
sudo vim /etc/apache2/sites-available/your_site
サイトの有効化

a2ensite を使って有効化する。中身は /usr/sbin/a2enmod っていう Perl スクリプトで、どうも有効化状況とかをチェックしてからシンボリックリンクを貼ってるだけっぽい。でも、それだけじゃなくなったときに面倒だから、手動でやるようなことはやめて大人しく a2ensite を使ってやる。

sudo a2ensite your_site
Enabling site your_site.
To activate the new configuration, you need to run:
  service apache2 reload
Apache に設定を読ませる
sudo service apache2 reload

参考

/etc/apache2/apache2.conf

広告を非表示にする