読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破棄されたブログ

このブログは破棄されました。

同値クラステスト

同値クラスとは

  • 範囲内の任意の値をとってもテストが有効になる範囲
  • 同値クラスのある値でテストが失敗すると、同じ同値クラス内の任意の値でテストが失敗する
  • 同値クラス内のある値について、あるテストケースで欠陥が検出されない場合、同じ同値テスト内の任意の値で欠陥が検出されない

同値クラステストの作成

  1. 同値クラスが何かを識別する
  2. 同値クラスについて、テストケースをそれぞれ一つ作成する
  3. 防御テストの場合は、有効値と無効値の両方を入力とするテストを作成する

無効値のテスト

無効な値のテストを作成するかは、場合による。 無効な値というのは、事前条件を満たさない値。

  • 契約によるテストは、事前条件を満たす状況のテストのみ作成する
  • 防御的設計では、事前条件を満たさないテストも作成する
  • モジュールが複数の入力項目を持つ場合
    • 入力項目のうち一つの入力項目のみが無効値となるテストケースを、 それぞれの入力項目について作成する

複数の入力項目を持つ無効値のテスト例

入力項目 A B C
無効値 有効値 有効値
有効値 無効値 有効値
有効値 有効値 無効値

防御的設計

  • モジュールが任意の値を受け付けることを想定する
    • 事前条件を満たさない、無効値も受け付けることを想定する
  • 正常な事前条件を満たさない場合は、エラーを発生させる
    • エラーコードを返す
    • 例外を投げる
  • 無効値のテストケースは、最低一つ作成する

出典

広告を非表示にする