破棄されたブログ

このブログは破棄されました。

vim-virtualenv のコード変更もシンボリックリンクの作成もせずに vim-virtualenv を Python 3 に対応させる

近年、 Python 3 への移行が進んでいる。(近年って言ってみたかった)

(中略)

vim-virtualenvPython 3 に対応させるには、 vim-virtualenv のコードの変更が必要だとか、 python 2.7 へのシンボリックリンク作成が必要だとか言われていた。 でも、そういうのはしたくないから、そういうのをせずに Python 3 に対応する方法を考えたぞ!!

vim-virtualenv をロードする前に、現在の virtualenv の Python のバージョンを取得して、 取得したバージョンに応じて Python サポートを有効にする。

python None, python3 None は、 Python サポートを有効にするために呼び出している。

let python_major_version = system("python -c 'import sys; print(sys.version_info[0])'")
if python_major_version == 2 && has('python')
    python None
elseif python_major_version == 3 && has('python3')
    python3 None
endif

" Load vim-virtualenv
" e.g.) NeoBundle 'jmcantrell/vim-virtualenv'

言うまでもなく Python 3 非対応のプラギンがいた場合やこのコードを有効にする前に python を呼び出していた場合は、動かなかったりぶっ壊れたりする。

エンジョイ!!

諦めて PyCharm 使えばいいのに

広告を非表示にする